So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道4児死亡 車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)

 北海道厚沢部町社の山で2日夜、乗用車内に残された乳幼児4人が死亡した車両火災で、道警江差署は3日、燃えた車を同署に移送し、検証を始めた。運転していた父親の話では、車内には使い捨てライターのほか、紙くずやおむつなどが散らかっていたといい、何かしらの原因で引火して車内から燃え広がった可能性があるとみて調べている。

 同署によると、死亡したのは函館市桔梗1、無職、棚橋智也さん(24)の▽長女歩夏(あゆか)ちゃん(3)▽長男旬汰(しゅんた)ちゃん(2)▽双子の男児の諒央(りおん)ちゃんと翔央(かおん)ちゃん(ともに7カ月)とみられる。4日に司法解剖して詳しい死因を調べる

 江差署に運ばれた車は、グレーだった車体の色も分からないほど変色し、内部はシートも含めほとんどが燃え尽きていた。現場の町道は路面が黒く焼け焦げ、窓ガラスの破片が散らばっていた。

 同署の調べでは、火災は棚橋さんが厚沢部町の実家に立ち寄り、エンジンをかけたまま家の前に止めた車に子供を残していた約30分間に発生。厚沢部消防署員が到着した時は、火柱が上がり、車は激しく炎上していた。棚橋さんは「子供が寝ていたので車内に残した。ドアのロックはしていなかったと思う」と話しているという。

 また棚橋さんは出火に気づき、左右のスライドドアを開けて3列シートの2列目にいた諒央ちゃんと翔央ちゃんをチャイルドシートごと引き出そうとして右手に軽いやけどを負ったという。歩夏ちゃんと旬汰ちゃんは、3列目のシートに折り重なって倒れていた。

 近所の住民によると、棚橋さん一家は、たびたび棚橋さんの母親や祖母が住む実家を訪れていた。妻の季(ゆき)さん(21)は、仕事のため函館市内で車を降りていた。【水戸健一、岸川弘明、佐藤心哉】

【関連ニュース
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査

外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り−知事会(時事通信)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)
文科OB天下り先に業務委託 理研など年10億円(産経新聞)
「口うるさい上司」社内で金づちで殴る(読売新聞)

15歳少年、母刺す=殺人未遂容疑で逮捕−京都府警(時事通信)

<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)

 インターネット上の児童ポルノ流通防止対策を検討する警察庁の小委員会は25日、問題サイトへのアクセスプロバイダー事業者が強制的に遮断するブロッキングの導入について、電気通信事業法上の「通信の秘密」を侵害すると認めたうえで、違法性を問われないケースに該当するかどうかは結論を先送りする報告書をまとめた。今後は、政府の犯罪対策閣僚会議の児童ポルノ排除対策ワーキングチームで、導入の可否が検討される。【千代崎聖史、丹野恒一】

 報告書をまとめたのは、児童ポルノ流通防止対策推進協議会(会長、野口京子・文化女子大教授)内の有識者やプロバイダー事業者から成るブロッキング検討委員会。児童ポルノのブロッキング実施を巡り、(1)技術、コストの両面から採用可能な手法(2)通信の秘密を侵害する行為だとしても、違法性を問われないケースといえるか−−を議論してきた。

 報告書によると、(1)については、ブロッキングは通信の秘密を侵害する行為だと認め、利用可能な四つの手法のうち、英国のプロバイダー事業者「BT」が導入している「ハイブリッドフィルタリング」を最も推奨すべきだとした。ファイル単位でのブロッキングが可能で、児童ポルノ以外のものまでブロックする「オーバーブロッキング」問題が生じにくいためとしている。

 (2)では、児童ポルノのブロッキングが、刑法で違法性を問わないと定める「正当業務行為」や「緊急避難」に当たるかを検討。正当行為の範囲内かどうかはメンバーの意見が分かれたため、両論を併記した。また、他に取りうる方法がない時に許される緊急避難に該当するかについては結論に至らなかったことから、導入の可否については明言せず、引き続き議論が必要だとする表現にとどまった。

 ブロッキングを巡っては、産業界や教育関係者らでつくる民間団体「安心ネットづくり促進協議会」の児童ポルノ対策作業部会が今月19日、「緊急避難として許容される余地があると考えられる」との報告をまとめている。

 【ことば】▽ブロッキング▽ ユーザーがサイトを閲覧する際、プロバイダー事業者がユーザーの同意なしに、児童ポルノサイトなどあらかじめ決められた一定のサイトへのアクセスにかかわるIPアドレスやURLを検知、アクセスを遮断する措置。同意を得ない強制という点で、フィルタリングとは異なる。

【関連ニュース
<児童ポルノ>日弁連が「単純所持」禁止…規制で方針転換
<児童ポルノ>男児の裸を撮影 容疑で男性保育士逮捕
<児童ポルノ>警察庁が被害者への支援研修会
<児童ポルノ>DVD複製・販売 6容疑者逮捕
日本ペンクラブ:児童ポルノ規制の都条例改正案に反対声明

救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
2件目強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死−地検(時事通信)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)
大相撲行司が虐待、3歳長男にけがさせ逮捕(読売新聞)

足利事件判決の傍聴券、競争率は31倍(読売新聞)

 宇都宮地裁が26日の足利事件再審判決公判に用意した一般傍聴席は48席。1513人が傍聴を求めて並び、競争率は31・5倍と高い関心を示した。

 昨年10月21日の再審初公判では50席に対して972人が並び、19・4倍だった。

B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
会社の寮など全半焼、3人死傷…埼玉(読売新聞)
自民若手有志が執行刷新を申し入れ(産経新聞)
星が盛んに生まれる銀河=初期宇宙の解明期待−国際チーム(時事通信)
女児にわいせつ行為、米国人の69歳男起訴(読売新聞)

首相動静(3月23日)(時事通信)

 午前7時26分、松野頼久官房副長官が公邸に入った。同29分、松井孝治官房副長官が加わった。
 午前8時5分、松野氏が出た。
 午前8時32分、松井氏が出た。
 午前8時40分、公邸発。「小林千代美民主党衆院議員が議員辞職も離党もしないことを表明したが」に「何らかの対処をする必要があると考えているから、早急に幹部で協議をする必要がある」。同41分、国会着。同42分、院内大臣室へ。同44分、閣議開始。
 午前8時58分、閣議終了。同59分から同9時3分まで、菅直人副総理兼財務相、松井官房副長官。同4分、院内大臣室を出て、同5分、国会発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。
 午前9時10分、松井官房副長官が入った。
 午前10時、松井氏が出た。
 午前10時30分から同57分まで、長崎市の田上富久市長、吉原孝市議会議長。高木義明民主党衆院議員同席。
 午前11時20分、執務室を出て首相会議室へ。
 午前11時43分、首相会議室を出て執務室へ。
 午前11時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、院内大臣室へ。
 午後0時4分、院内大臣室を出て、同6分、衆院本会議場へ。同7分から同8分まで、枝野幸男行政刷新担当相。同9分から同10分まで、生方幸夫民主党副幹事長。同13分、衆院本会議開会。
 午後0時30分、衆院本会議散会。同31分、衆院本会議場を出て、同32分、院内大臣室へ。
 午後0時52分、院内大臣室を出て、同54分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会開会。
 午後4時59分、参院予算委散会。同5時、参院第1委員会室を出て、同2分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後5時42分、執務室を出て南会議室へ。同43分から同55分まで、北方領土高校生弁論大会最優秀賞の木村優美さんらが表敬。同56分、同室を出て執務室へ。
 午後5時57分から同6時9分まで、三井辨雄民主党北海道連代表。
 午後6時11分、執務室を出て特別応接室へ。同12分から同44分まで、カザフスタンのサウダバエフ外相が表敬。武正公一外務副大臣同席。同45分、同室を出て執務室へ。
 午後6時58分、執務室を出て小ホールへ。同7時から同6分まで、報道各社のインタビュー。「これから普天間問題の関係閣僚協議だが」に「まだ擦り合わせをする段階だからその場で結論が出るということではない」。同7分、小ホールを出て、同8分、官邸発。同9分、公邸着。同10分、平野博文官房長官、北沢俊美防衛相、岡田克也外相、前原誠司沖縄・北方担当相が入った。
 午後8時18分、前原氏が出た。同25分、平野、岡田両氏が出た。同29分、北沢氏が出た。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

ホスト3人で同僚暴行、「勤務態度に不満」(読売新聞)
<黄砂>東海地方でも観測 名古屋城かすむ(毎日新聞)
九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)
<国宝>伊能忠敬資料など2件 文化審議会が答申(毎日新聞)
探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)

<新銀行東京損賠訴訟>旧経営陣が争う姿勢 1回口頭弁論(毎日新聞)

 ずさんな融資を繰り返し経営難に陥らせたとして、新銀行東京(東京都新宿区)が旧経営陣の仁司(にし)泰正・元代表執行役と丹治(たんじ)幹雄・元執行役に計5億円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、東京地裁(菅野博之裁判長)で開かれ、仁司氏らは全面的に争う姿勢を示した。

 銀行側は、仁司氏らが05年の開業以降「スコアリングシステム」と呼ばれる自動審査システムを使って中小企業向け融資を展開したため回収困難な融資が続出したのに、抜本的な対策を取らず経営悪化を招いたと主張している。

 丹治氏は弁論前に会見し「都議会の承認を得たマスタープランをベースに運営したもので、執行陣の意思決定権限にはおのずから限界がある。業務執行に携わった一人としての責任は感じているが、賠償責任を追及される立場にはない」と話した。

【関連ニュース
石原都知事:出馬を示唆「場合によってはやるよ」
石原都知事:4選出馬に含み

<交通事故>練習中の競輪選手トラックにはねられ死亡 千葉(毎日新聞)
民主「言論封殺」で危険水域 内閣支持率30%割れ目前(J-CASTニュース)
<手塚治虫さん>「昆虫採集の森」の記念碑設置 (毎日新聞)
進退協議「申し上げることない」小林千議員(読売新聞)
水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)

渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)

 15日午前4時55分ごろ、東京渋谷区宇田川町の路上で、通行人から「人が首を切られた」と119番通報があった。警視庁渋谷署によると、男性介護士(31)が男に首の左側を刺されており、重傷を負った。男は逃走し、同署は殺人未遂事件として捜査している。

 同署によると、2人は近くのクラブで開催されたイベントに参加しており、店内でトラブルになったとみられる。路上で口論を始め、男が突然、男性をはさみで刺したという。はさみは近くの路上から見つかった。

 逃げた男は25歳くらいで、身長約180センチ。がっしりした体形で、黒の短髪という。

【関連記事】
解雇宣告に激怒、ホテル支配人刺す 容疑で清掃員の男逮捕/大阪
痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪
「夫を殺した」と通報の妻を逮捕 長野
虐待、DV増加 ストーカーは減少 茨城
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
20年後、日本はありますか?

子ども手当法案可決へ、衆院厚労委(産経新聞)
<日韓警察>トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)
自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)
「トレーダー主婦」に実刑判決…出資法違反事件(読売新聞)
投資詐欺対策で連携強化=警察庁、金融庁、証券監視委(時事通信)

ホワイトデーまでの期間限定でハート形の牛肉を販売 滋賀(産経新聞)

 近江牛肉専門店「松喜屋」(大津市)が、14日のホワイトデーまでの期間限定で、ハート形の牛肉を販売。「食卓が華やかになる」と好評だ。

 風味が良く、上品なうまみが特徴の近江牛をもっと広く味わってもらおうと企画した。サーロインやヒレのステーキなど4種類を用意している。

 「恋人や家族でだんらんを楽しんでもらえたら」と同店。ホワイトデーの贈り物は、愛情を“ギュー”と詰め込んだ近江牛で決まり?

<小沢幹事長>「選挙の責任者の一人として」参院選を指揮(毎日新聞)
民主、政策研設置へ 執行部譲歩 政調の代わり、火ダネは残る (産経新聞)
大阪 国旗常時掲揚 「府教委、降ろせと圧力」 元校長「改革の4年」告白(産経新聞)
<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)

警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)

 警視庁は15日、西沢康雄捜査1課長を警務部付にして、若松敏弘鑑識課長を捜査1課長に充てる人事を発令した。西沢前捜査1課長は私的な不適切行為があったとして、国家公安委員会の内規上の処分を受けており、事実上の更迭となった。現職の捜査1課長が私的な行為で更迭されるのは極めて異例。

 同庁は「職務を継続させることは適当ではないと判断した」としている。

 西沢前捜査1課長は昭和48年、警視庁巡査を拝命し、成城署長、鑑識課長などを歴任。昨年3月2日付で捜査1課長に就任し、中央大教授刺殺事件などの捜査を指揮していた。

【関連記事】
2警官が暴力団に情報漏洩か 奈良県警、処分を検討
捜査本部の冷蔵庫、暴力団幹部が提供 入手の警部を注意処分
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
家宅捜索中に容疑者が自殺未遂 監視不十分で警部を戒告処分
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴
20年後、日本はありますか?

おいしい「勝手CM」募集!スクリーンとケータイ放送局で上映
大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
ドラム缶破裂で、11日に書類送検=廃液処理作業の社員3人−京都府警(時事通信)
一票の格差訴訟で東京高裁、昨年の衆院選「合憲」(読売新聞)
朝鮮学校も無償化対象に=日教組(時事通信)

盗品クラブ買い取り販売、ゴルフ店経営者逮捕(読売新聞)

 ゴルフ用品店を狙った連続窃盗事件で、盗品のゴルフクラブを買い取っていたとして、愛知県警は11日、同県一宮市浅野、ゴルフ用品店経営・吉田明彦容疑者(57)を盗品等有償譲り受け容疑で逮捕した。

 発表によると、吉田容疑者は昨年10月11日午前11時頃、クラブ約230本を盗品と知りながら、住所不定、無職加藤正樹被告(28)(窃盗罪などで起訴)らから1本当たり約1万円で買い取った疑い。クラブはほかの店に1本当たり2万〜3万円で転売したり、自分が経営する店「ゴルフ市場」(愛知県小牧市)で販売したりしていたという。

 吉田容疑者は調べに対し、「(加藤被告ら)二つの窃盗グループから1000本以上の盗品クラブを買い取った」と供述しているという。

雪・強風JR直撃、3千人が一時車内缶詰めも(読売新聞)
<雑記帳>広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
<窃盗>勤務先から缶ビール864ケース 愛知(毎日新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
首相動静(3月8日)(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。